最新情報

最新情報

平成30年度「行政経営セミナー」の申込受付を開始しました。【終了しました】

 富士通総研では、戦略性の高い総合計画策定から実効性のある施策評価・事務事業評価の見直し支援や評価結果を活用した事務事業の見直し、業務プロセス分析に基づく担い手最適化支援、公共施設の最適配置を見据えた公共施設マネジメント、総合窓口化とアウトソーシング検討などに取り組み、多くの自治体の皆様の行政経営のパートナーとして活動してまいりました。このたび、富士通総研の実効性のある行政経営コンサルティング経験を基に、「行政経営セミナー」を開催いたします。今回のセミナーでは、総合計画や行政評価、業務プロセス分析、公共施設マネジメントに関するコンサルティング事例をご紹介いたします。
 自治体経営を取り巻く厳しい社会経済環境を乗り越えようと取り組みを進めておられる自治体職員の皆様に有益な情報を提供いたしますので、この機会にぜひご参加ください。

1.タイトル
  行政経営セミナー

2.開催日時
  平成30年10月18日(木) 13:30~16:30(予定) ※受付開始 13:00

3.会場
  株式会社富士通総研 セミナールーム
  (東京都港区海岸1丁目16番1号 ニューピア竹芝サウスタワー11階)

4.プログラム
  13:30~13:45  開会挨拶

  13:45~14:25  「政策効果向上のための総合計画の機能・策定方法」
             (若生幸也チーフシニアコンサルタント)
            ■社会経済環境の変化を見据えた新たな総合計画の位置づけと役割、
             策定後も有効に機能する新たな総合計画の策定方法について

  14:25~15:05  「形骸化した行政評価の立て直し方法」(中村圭コンサルタント)
            ■地方自治体におけるPDCAサイクルの質の向上に資する行政評価の在り方について
         ※総務省行政評価局が10年ぶりに実施した自治体の行政評価の事例調査(弊社受託事業)の
          結果を踏まえ、行政評価が有効に機能するためのポイントの説明を予定。
          (参考:http://www.soumu.go.jp/main_content/000536797.pdf)

  15:05~15:15  休 憩

  15:15~15:55  「業務プロセスの可視化による業務効率化・人員配置の最適化方法」
             (佐々木央グループ長)
            ■業務プロセス分析に基づく業務改革・費用削減、
             会計年度任用職員の導入を踏まえた適切な定員管理、
             アウトソーシングを含む全庁的な担い手最適化について

  15:55~16:35  「地域で必要な機能を実現する施設・土地のデザイン方法」
             (今川世詩子シニアコンサルタント)
            ■公共施設マネジメントを着実に推進するための官民連携による
             公共施設・公有地の利活用方法について

  16:35~16:40  閉会挨拶

 ※セミナー終了後、担当コンサルタントがご不明点や行政経営に関するご相談等に個別に対応いたします。

5.対象者
  地方公共団体職員 ※地方公共団体職員以外のご参加はご遠慮ください。

6.参加費/参加方法
  無料
  メール(宛先:fri-public-manage@dl.jp.fujitsu.com)でご所属、お名前、ご連絡先をご記入の上
  お申込み下さい。
  ※申込者多数の場合には、先着順となる可能性がございますのでご了承ください。

7.主催
  株式会社富士通総研 行政経営グループ

8.問合せ先
  株式会社 富士通総研 行政経営グループ(担当:中村、鬼澤)
  メール:fri-public-manage@dl.jp.fujitsu.com
  電話 :03-5401-8396
  FAX:03-5401-8439


最新情報 トップへ

2018年 9月 18日 更新