最新情報

最新情報

シンポジウム「番号制度による新たな行政サービスに向けて」ご案内

 平成25年5月に成立した社会保障・税番号関連法による番号制度は、「公平・公正な社会の実現」「国民の利便性の向上」「行政の効率化」を目指し、各行政機関が保有する個人や団体の情報を同一の個人・団体のものであることを特定可能にする基盤として、個人番号・法人番号を導入するものです。個人番号・法人番号を活用した行政機関の部門間・行政機関間の情報連携により、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることの防止、申請手続の簡素化、行政機関内の事務処理の効率化などが期待されます。また、従来の住民基本台帳カードに代わり、申請者に交付される個人番号カードの活用や、マイ・ポータルの活用による新たな行政サービスの提供も期待されるところです。その一方で、個人番号とそれに紐付く個人情報の厳格な管理も求められ、従来に加えた個人情報保護への取り組みも必要になります。
 そこで、地方公共団体の皆さまと共に、番号制度の導入後の新たな行政手続き・行政サービスのあり方を検討する場として、新・地方自治フォーラムを開催します。
 今回は、研究会テーマを「番号制度による新たな行政サービスに向けて」として、個人情報カード、マイ・ポータルの最新動向や、地方公共団体の新たな行政サービスへの取り組みについて発表いただくとともに、個人番号の活用の前提となる特定個人情報保護評価の事例について、富士通総研からご報告させていただきます。
本研究会では、ご来場いただいた皆様もご参加いただける様、質疑応答・意見交換の時間を設ける予定であり、情報交換の場としてもご活用いただければ幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。  

                         記  

1 日時 
平成26年11月14日(金) 13:30~17:00

2 開催場所 
 東京グリーンパレス 
   住所 東京都千代田区二番町2番地 電話番号03-5210-4600
   交通アクセス 東京メトロ有楽町線「麹町駅」5番出口より徒歩1分
          東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」5番出口より徒歩5分

3 主催
   北海道大学公共政策大学院、株式会社富士通総研

4 タイムスケジュール

13:30~13:40 開会挨拶
            宮脇  淳 北海道大学大学院法学研究科 教授

13:40~14:30 基調講演
          個人番号カードとマイ・ポータルに関わる最新動向
            向井 治紀 氏 内閣官房社会保障改革担当室 審議官

14:30~14:45 休憩

14:45~16:15 パネルディスカッション
          マイナンバー利用による行政サービス改革のあるべき姿と当面の取り組み
            パネリスト  :阿部 一成 氏 青森県企画政策部情報システム課 IT専門監
                    井口 寛司 氏 神戸シティ法律事務所 代表社員弁護士
                    田中 大輔 氏 中野区長
                    三木 浩平 氏 千葉市総務局 次長   (※五十音順)
            コーディネータ:宮脇  淳 北海道大学大学院法学研究科 教授 

16:15~16:45 研究成果報告
          マイナンバー利用に向けた課題と対応
            中村 均 株式会社富士通総研 公共事業部 

16:45~17:00 閉会挨拶
            本庄 滋明 株式会社富士通総研 代表取締役 

5 参加費用 
   無料

6 参加申込・問い合わせ先
  〒105-0022 東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー
  新・地方自治フォーラム事務局 担当: 西山(株式会社富士通総研 公共事業部)
  電話03-5401-8396/FAX番号03-5401-8414
  E-mail fri-ppp-forum@cs.jp.fujitsu.com

※参加を希望される方は、上記FAX番号へのFAXかE-mailアドレス宛への電子メールで、
 送信タイトルを「シンポジウム参加希望」と明記の上、
 お申込み代表者氏名、ご所属、ご同伴者数、ご連絡先(E-mailアドレス)をご連絡下さい。

シンポジウム開催案内「番号制度による新たな行政サービスに向けて」


最新情報 トップへ

2014年 10月 14日 更新